« クローバー | トップページ | マクロビ料理教室…② »

マクロビ料理教室…①

004 sun おめでとう sun…小豆の入った煎り玄米粥

具合が悪かった人に「元気になっておめでとう」と桜沢先生が出されて「おめでとう」となった玄米粥。

玄米を洗わず、布巾で拭き、キツネ色になるまで玄米を煎って炊いた粥。煎った玄米は玄米茶で飲めるほど…。体に優しく感じる美味しさでした。

003 sun 玉ねぎ・ごぼう・こんにゃく・人参の旨煮 と 昆布の佃煮 sun

玉ねぎ・牛蒡・こんにゃく・人参の順で炒め、椎茸を加えて炒め、だし汁を加えて煮て、牛蒡が柔らかくなったら醤油と味噌で味を整え…。旨煮、野菜の旨味を味えます。~炒める順序にも意味がありました~

昆布の佃煮は、昆布と醤油を入れて煮汁がなくなるまで、ことこと、煮て、差し水を繰り返しながら柔らかくなるまで煮ます。昆布のミネラル分を活かし、陽性を動かす為に、お水と一緒に生姜を入れて煮ています。

野菜の旨煮、小豆の玄米粥、昆布の佃煮…すべて「ことこと」、と、時間をゆっくりかけ、出来上がりました。贅沢な逸品。時間をかけ心をこめ作ったものは、ゆっくり頂きたい。野菜の旨味、煎った玄米の味、昆布の旨味を感じながら…幸せなひと時です。(合掌)

|

« クローバー | トップページ | マクロビ料理教室…② »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

「おめでとう。」の小豆の玄米粥を、明日、病院から退院して

くる家族の為に作ろうと思います。 うまくできるかな・・・。

先週、友達から小豆を頂いたばかり。 もしかして、彼女は

うちの事情を知っていて、プレゼントしてくれたのかな。

投稿: はっち | 2009年3月31日 (火) 22時35分

はっちさん。是非ぜひお勧めです。玄米を煎るのには時間がかかるかもしれませんので…そのままでも…。柔らかめにして小豆と一緒にコトこと、と。小豆は腎臓を浄化してくれますし…。お父様が元気になられますように…。

投稿: TA-KO | 2009年3月31日 (火) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1166864/28882143

この記事へのトラックバック一覧です: マクロビ料理教室…①:

« クローバー | トップページ | マクロビ料理教室…② »